直線上に配置
防 災
 防災とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組みです。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧 まで含める場合もあります。

 一般に災害被害の軽減は、自助(自分の身は自分で守る)、共助(自主防災組織、事業所、ボランティアなど地域社会がお互いに守る)、公助(消防、警察、自衛隊などの公的機関の活動)の効率的な組み合わせで実現されると言われています。

 まずは、自分の身は自分で守る(自助)と地域や近所の人々が協力して防災活動に取り組む(共助)により、地域の防災力を高めることが重要となります。

 物理学者で文学者の寺田寅彦の警句に、『天災は忘れた頃にやってくる』がありますが、その意味は、天災はその恐ろしさを忘れた頃にまた起と言うことです。

 『備えあれば憂いなし』ということわざがありますが、普段から準備して置けば、いざという時、何も心配はいりません。

防災と備え1 防災と備え2 ハザードマップ


直線上に配置